収入が0円の専業主婦では借りれない?配偶者貸付制度とは

主婦の人でも家計費の不足や子供の教育費、また急な出費に金融機関から借入したいと思うこともあるでしょう。

それでも、主婦の借入についてはパートなどの収入のある人と、収入が0円の専業主婦では借入可能な金融機関が違って来るのです。

パート主婦の借入れについては、銀行や消費者金融でカードローンなどからお金を借りることが可能になりますが、専業主婦の借入については収入が0円の場合には銀行からの利用しかできないことになっているのです。
その理由や専業主婦の借入についての解説は以下を参考にしてみてください。

収入が0円の専業主婦では借りれない?

消費者金融などの貸金業法で融資をしている会社では総量規制という法律を守って営業をする必要があるのです。総量規制では個人が利用する個人向けの借入れでは年収の1/3以下までが借入れの総額である必要があるとしています。

そのため年収が0円である専業主婦が借入可能となる金額もまた「0円」ということになってしまうのです。

総量規制の計算

ただし消費者金融での専業主婦の借入について更に詳しく説明するならば、「配偶者貸付」という制度を利用すればお金を借りることが可能になる場合もあります。

配偶者貸付制度なら借りることができる

これは総量規制の例外となるルールなのですが、配偶者の同意や婚姻関係を証明できる書類などの提出ができる場合に限り、夫婦の年収の合算金額に対して1/3以下までの金額ならばお金を借りることが可能になるのです。ただしその場合配偶者の人も消費者金融からの借入残高がある場合には、実際に借入できる金額はそれよりも少なくなるので要注意です。

また大手の消費者金融では手続きが煩雑になることを避けたいために、配偶者貸付の取扱いをしていないため、利用できるのは一部の街金のみということになります。

ただし専業主婦の借入でオススメなのはこのような方法で消費者金融から借入れすることではなく、銀行カードローンの利用と言えます。銀行では総量規制の適用は対象外となっているため、年収の1/3を超える金額でも借入は可能になり、専業主婦の借入についても利用が可能になっています。

専業主婦

専業主婦が旦那さんに内緒でお金を借りたいという時には銀行カードローンの利用しかできないことになりますが、多くの銀行カードローンでは専業主婦の申込みを受付けしていますので、安心して申し込みすることができるでしょう。ただし専業主婦の借入については利用限度額は多くても50万円となるため、それ程大きなお金を借りることは難しいと思っていた方が良いですね。