キャッシング業者の金利について「下限金利~上限金利」

キャッシングを利用してお金を借りる時は必ず金利というものが発生してしまうので利息が加算されてしまいます。

そのためキャッシングを利用する前に業者の金利をしっかり確認しなければいけません。金利の表示は下限金利~上限金利という表示になっていてどちらを確認すればいいのか分からないという人も少なくないでしょう。

金利詳細

キャッシングを申し込んだ時はほとんど上限金利が適用されるので上限金利を確認する必要があります。

下限金利を確認してその後に返済計画を立ててキャッシングをしてしまうと返済計画が大幅に狂ってきてしまうので注意しなければいけません。そのため金利を確認する時は必ず上限金利を確認するようにしましょう。

銀行カードローンと消費者金融の金利設定

sjij

キャッシング業者には銀行カードローンと消費者金融がありますが、金利の設定は大幅に変わってきてしまうので注意が必要です。

銀行カードローンはほとんどの業者が上限金利が14~15%の間で設定されています。そのため銀行カードローンは低金利と言われていますが、中には18%ぐらいに設定されているカードローンもあるのでその辺りは注意が必要です。

消費者金融はほとんどの業者が上限金利が18%なので高い金利設定になっています。初めて利用する人は無利息期間のサービスを利用する事が出来ますが、それでも利息が多く付いてしまうので借り方には注意しなければいけません。

銀行カードローンと消費者金融の金利設定を見てみると低金利の銀行カードローンを利用した方がいいと考えてしまいますが、銀行カードローンは審査が厳しめで時間がかかってしまう事が多いです。

そのため即日融資に対応してもらうのはなかなか難しいというデメリットもあります。

また消費者金融は即日融資に対応しているのですぐお金を借りる事が出来ますが、金利が高く設定されているというデメリットもあるので低金利で即日融資を受けるというのはなかなか難しいところではあります。

即日融資が可能で金利の低いカードローンはないのか?

メガバンクの三菱東京UFJ銀行三井住友銀行のカードローンは店舗内に設置されている契約機と申し込むという条件付きで即日融資を受けられる可能性があります。店舗内に設置されている契約機で申し込むと契約完了後にその場でカードが発行されるのでその後すぐATMを利用してお金を借りる事が出来ます。

しかし審査や在籍確認など何か問題が生じてしまった場合は融資を受けられるのが翌日以降になってしまうので確実に即日融資を受けられるとは限りません。

そのためすぐお金を借りたい人は金利に注意しながら消費者金融を利用した方がいいでしょう。また時間に余裕がある人は低金利の銀行カードローンを利用するといいでしょう。