専業主婦におすすめの来店不要で借入が出来るカードローン

「急な出費でどうしてもお金が必要。でも借入にいく時間も、移動手段もない。」
心配はいりません。来店しなくても借入がおこなえるカードローンは数多くあります。

忙しい専業主婦の方におすすめのカードローンをご紹介します。

来店不要で借入がおこなえる銀行カードローン

hdsoi

専業主婦の方は消費者金融で借入できないことをご存知でしょうか?総量規制の関係で専業主婦の方は消費者金融を利用することができません。中には専業主婦の方でも借入がおこなえる消費者金融もありますが提出書類が多いうえ、中小企業の消費者金融業者が多いため信用性に欠けます。

そのため、専業主婦の方が借入するなら銀行カードローンがおすすめです。

専業主婦の方が借入できて、なおかつ来店不要で融資が受けられる銀行カードローンをご紹介します。

みずほ銀行カードローン

dpjd

みずほ銀行カードローンは専業主婦の方への貸付がおこなえるうえ、口座を持っていればWEBのみで契約が完了します。もちろん、口座がない場合でも郵送でやりとりがおこなえるため、自宅から一歩も出なくても契約が完了します。

メガバンクで安心できるうえ低金利で借入がおこなえるため、専業主婦の方から人気が高いカードローンです。

新生銀行レイク

jdpij

新生銀行レイクは、専業主婦の方でも利用ができます。5万円以下の借入ならん180日間利息が無料になるので、食費が足りない、同窓会でオシャレしたいなどちょっとだけ借入をおこないたい場合に便利です。

また、5万円以上の借入の場合でも30日間利息が無料になります。利息無料で借入がおこなえる銀行カードローンは少ないので、みずほ銀行と同様レイクも専業主婦の方から絶大な人気があります。もちろん、来店不要でWEBのみで契約が完了します。無利息にも対応していただける非常にマルチなカードローンです。

楽天銀行カードローン

ohsho

楽天のクレジットカードを持っているなら楽天銀行カードローンがおすすめです。来店不要で契約がおこなえるうえ、楽天ポイントが5,000ポイント分付きます。借入するだけで、5,000円分のポイントがもらえる非常にラッキーなカードローンです。

さらに、口座を持っていると即日融資にも対応していただけます。24時間振込融資をおこなっていただけるので、今すぐ借入したい人にもぴったりです。

旦那に内緒で借入できる?

専業主婦の方がカードローンを利用する際に、「銀行から旦那に連絡がいくことはないか」このように心配される方が多いのですが大丈夫です。契約者以外の第三者に連絡がいくことは絶対にありません。

カードローンサービスは身分証明書のみで利用可能です。そのため、配偶者の同意書・収入証明書不要で契約ができるので旦那さんに内緒で借入ができます。

引用 専業主婦でも借りられる!安心のカードローン・キャッシング

万が一、ご主人にバレるとすれば、半年以上返済が滞って裁判所に勧告を出された場合か、もしくはカードローンの契約者がもしも亡くなってしまった場合は家族に返済義務が移るため連絡がはいるため知られてしまうと思います。

しかし、よほどの理由がなければたとえ家族であっても伝えられることはないので安心です。

収入が0円の専業主婦では借りれない?配偶者貸付制度とは

主婦の人でも家計費の不足や子供の教育費、また急な出費に金融機関から借入したいと思うこともあるでしょう。

それでも、主婦の借入についてはパートなどの収入のある人と、収入が0円の専業主婦では借入可能な金融機関が違って来るのです。

パート主婦の借入れについては、銀行や消費者金融でカードローンなどからお金を借りることが可能になりますが、専業主婦の借入については収入が0円の場合には銀行からの利用しかできないことになっているのです。
その理由や専業主婦の借入についての解説は以下を参考にしてみてください。

収入が0円の専業主婦では借りれない?

消費者金融などの貸金業法で融資をしている会社では総量規制という法律を守って営業をする必要があるのです。総量規制では個人が利用する個人向けの借入れでは年収の1/3以下までが借入れの総額である必要があるとしています。

そのため年収が0円である専業主婦が借入可能となる金額もまた「0円」ということになってしまうのです。

総量規制の計算

ただし消費者金融での専業主婦の借入について更に詳しく説明するならば、「配偶者貸付」という制度を利用すればお金を借りることが可能になる場合もあります。

配偶者貸付制度なら借りることができる

これは総量規制の例外となるルールなのですが、配偶者の同意や婚姻関係を証明できる書類などの提出ができる場合に限り、夫婦の年収の合算金額に対して1/3以下までの金額ならばお金を借りることが可能になるのです。ただしその場合配偶者の人も消費者金融からの借入残高がある場合には、実際に借入できる金額はそれよりも少なくなるので要注意です。

また大手の消費者金融では手続きが煩雑になることを避けたいために、配偶者貸付の取扱いをしていないため、利用できるのは一部の街金のみということになります。

ただし専業主婦の借入でオススメなのはこのような方法で消費者金融から借入れすることではなく、銀行カードローンの利用と言えます。銀行では総量規制の適用は対象外となっているため、年収の1/3を超える金額でも借入は可能になり、専業主婦の借入についても利用が可能になっています。

専業主婦

専業主婦が旦那さんに内緒でお金を借りたいという時には銀行カードローンの利用しかできないことになりますが、多くの銀行カードローンでは専業主婦の申込みを受付けしていますので、安心して申し込みすることができるでしょう。ただし専業主婦の借入については利用限度額は多くても50万円となるため、それ程大きなお金を借りることは難しいと思っていた方が良いですね。

目的や条件にあったカードローンを利用するために

カードローン・キャッシングは審査に通過した人のみが融資できるようになるサービスです。お金を借りる行為をキャッシングと呼ぶこともあり、カードローンとは区別することもありますが、現代では同じ認識でも特に問題は生じません。ちなみにカードローンといっても必ずしもカードを使って利用するわけではありません。工夫をすればパソコンやスマートフォンを使ってお金を借りたり、返済も行う事ができます。

スマホで審査を受ける女性

金融機関によって具体的なサービス内容は異なることが多く、金利や限度額はもちろん審査基準にも違いがあります。有名な金融機関はいろいろな方法で広告を出したり、宣伝をしていますが、必ずしもそういったサービスが良いとは限りません。重要なのは目的にあわせてサービスを探すことです。

目的や条件にあったカードローンを利用するために

サービスの違いは各項目を比較して決めると良いです。金利であれば低い方が良いですし、審査であれば甘い方が良いこともあるでしょう。審査基準は収入が安定しているかどうか、という金融機関が多いです。

ただし安定の基準は金融機関によって微妙に違うこともあるので注意が必要です。フリーター、自営業者などは審査基準を意識して金融機関を探したほうが良いこともあります。金融機関によっては自営業向けのカードローン・キャッシングを用意しています。

審査スピードの違い

審査はスピードにも違いがあります。早いところであれば審査を受けたその日にお金を借りられます。こういったサービスは即日融資、即日キャッシングと呼ばれていてセールスポイントとして宣伝されることが多いです。注意点として即日融資であっても審査時間が伸びたり、申し込みの受付時間によっては審査は翌日にまわされます。

多くの金融機関では夕方以降に申し込みをすると審査は翌日以降となるので注意しましょう。申し込みがインターネットで可能なところなら24時間対応している事があります。

注意したい借り入れ限度額

限度額は審査の後に分かる仕様が多いです。つまり公開されている融資可能額と一致しないことも有るということです。実際に借りられる額は年収が影響することもあるので、気になる人は審査診断や審査シミュレーションを事前に受けておきましょう。

金利は固定のところもあれば、借入額によって変わる場合もあります。無利息キャッシングと呼ばれるサービスもあり、その場合短期間であれば実質金利0%での利用が可能となります。審査に自信がある人は、金利や限度額を重視して選んでも良いです。

借入限度額を増額する際にも審査は行われる

初めはそれほど気にしていなかった借入金額であっても慣れてくると、「もう少し多く借りたい」と思う場合もあるでしょう。そんな時、他社から新たに借入をするのも一つの手ですが、もう一つ考えられるのが借入限度額の増額です。

増額審査で見られる項目

パソコンをみる女性

増額は希望している方全てが行えるわけではなく、消費者金融等が増額をするためには審査で合格しなければなりません。

審査で合格する為には、現在借入している会社での契約期間、返済を遅らせた経験、前回の審査時からの借入件数の増減等の項目において条件を満たしている必要があります。

  • 在借入している会社での契約期間
  • 返済を遅らせた経験
  • 前回の審査時からの借入件数

増額申し込みの2つのパターン

上記の審査を受けるパターンとしては、自分で申し込む場合と消費者金融等から案内が来て申し込みするといった2通りのパターンが考えられます。

審査のフォーム審査のフォーム例
申し込みは電話やインターネットで簡単に行えるわけですが、審査が行われる為、自分で申し込む場合は、ご自身の利用状況をよく調べた上で申し込まなければなりません。
というのも、審査によって不合格となり、現在の限度額のままならまだ良いのですが、あまりに利用状況が良くない状態でお申込みすると逆に限度額を下げられてしまう場合があるからです。

一方、消費者金融等から案内というのは、先ほども申し上げた通り、現在借入している消費者金融との契約期間や過去の返済状況等に問題がない場合に来ると言われています。

ただ、契約期間に関しては期間が長くてもその消費者金融から殆ど借入してないとなると、いくら返済を遅らせた経験がなくとも信用度が上がってこない為、増額の案内は期待できません。これは、自分で申し込む場合も同じです。ですから、もし増額を希望する場合は月に1回は借入をして返済もきちんと行うといったように信頼度を上げていく努力が必要となります。

そして、このように案内が来た場合も審査は行われますが、自分で申し込む場合の審査と比べると合格はしやすいと言われていますので、増額の案内が来た時には積極的に申し込みされるとよいでしょう。

増額を行うことのメリット

借入限度額の増額にはメリットはありますが、デメリットはほぼないと言えます。
メリットとしては、限度額が上がることによって、金利が現在より下がることや他社から新たに借入する機会も少なくなるといったことが挙げられます。
特に他社からの借入に関しては、借入件数が増えることでその分金利を多く支払っていくことになるので、もう少し多くのお金を借りたいという場合は出来れば増額を選択された方がよいでしょう。

ここまで増額に関するお話をしてきましたが、いかがでしたか?増額を行うと現在より多くのお金を借りられるようにはなりますが、それに甘えて借り過ぎてしまってのでは返済が苦しくなることが考えられ、そうなると増額をした意味がなくなってしまいます。

ですから、増額後も返済を意識して計画的に利用することを忘れないでください。最後までお読み頂き、ありがとうございました。

キャッシング業者の金利について「下限金利~上限金利」

キャッシングを利用してお金を借りる時は必ず金利というものが発生してしまうので利息が加算されてしまいます。

そのためキャッシングを利用する前に業者の金利をしっかり確認しなければいけません。金利の表示は下限金利~上限金利という表示になっていてどちらを確認すればいいのか分からないという人も少なくないでしょう。

金利詳細

キャッシングを申し込んだ時はほとんど上限金利が適用されるので上限金利を確認する必要があります。

下限金利を確認してその後に返済計画を立ててキャッシングをしてしまうと返済計画が大幅に狂ってきてしまうので注意しなければいけません。そのため金利を確認する時は必ず上限金利を確認するようにしましょう。

銀行カードローンと消費者金融の金利設定

sjij

キャッシング業者には銀行カードローンと消費者金融がありますが、金利の設定は大幅に変わってきてしまうので注意が必要です。

銀行カードローンはほとんどの業者が上限金利が14~15%の間で設定されています。そのため銀行カードローンは低金利と言われていますが、中には18%ぐらいに設定されているカードローンもあるのでその辺りは注意が必要です。

消費者金融はほとんどの業者が上限金利が18%なので高い金利設定になっています。初めて利用する人は無利息期間のサービスを利用する事が出来ますが、それでも利息が多く付いてしまうので借り方には注意しなければいけません。

銀行カードローンと消費者金融の金利設定を見てみると低金利の銀行カードローンを利用した方がいいと考えてしまいますが、銀行カードローンは審査が厳しめで時間がかかってしまう事が多いです。

そのため即日融資に対応してもらうのはなかなか難しいというデメリットもあります。

また消費者金融は即日融資に対応しているのですぐお金を借りる事が出来ますが、金利が高く設定されているというデメリットもあるので低金利で即日融資を受けるというのはなかなか難しいところではあります。

即日融資が可能で金利の低いカードローンはないのか?

メガバンクの三菱東京UFJ銀行三井住友銀行のカードローンは店舗内に設置されている契約機と申し込むという条件付きで即日融資を受けられる可能性があります。店舗内に設置されている契約機で申し込むと契約完了後にその場でカードが発行されるのでその後すぐATMを利用してお金を借りる事が出来ます。

しかし審査や在籍確認など何か問題が生じてしまった場合は融資を受けられるのが翌日以降になってしまうので確実に即日融資を受けられるとは限りません。

そのためすぐお金を借りたい人は金利に注意しながら消費者金融を利用した方がいいでしょう。また時間に余裕がある人は低金利の銀行カードローンを利用するといいでしょう。